22/01/2017

JAPANESE ONLY・日本語でヒトコト

この間、仕事で隣国のチリに行ってきた。飛行機で4時間のフライト。人生初のチリだった。第一印象は実はずっと前からイメーシしていたのとあまり変わらない国だった。どういうことかというと、同じ中南米の国としては共通点が多過ぎて正直、自分で旅行で行こうと思ったことない国だ。馬鹿馬鹿しい!差別だ!と言われるかもしれないけど、それは別に中南米の国に行って嫌だ!という訳ではない。でも、正直に言うと、観光旅行するなら、完璧に全然違う国を優先するだろうと。 とは言え、チリ気に入った。ただ冒頭から言っているように、リーチなエリアもあれば、ごく普通の地区もある。当たり前だけど(笑)!でも一番楽しんできたのは何と言ってもスペイン語!スペイン語を話すのが大好きで、色々な人と喋っていて、滅茶苦茶楽しかった!そして、ちょっと自慢していい?「君、どこから?」って聞かれて、「ブラジル!」って答えたら、驚かされた時が多かった!「えっ?!嘘!」「なんでPORTUNHOL(ポル語とスペイン語のごちゃ混ぜ)を話さないの?」などと言われたりした。正直、めちゃ嬉しかった!けど、それより面白いと思ったのは「ブラジル人です」と暴露したら、相手が知っていたポルトガル語の言葉を無理矢理会話に取り入れて、要するに、向こうがPORTUNHOLを話し始める(笑)!けど、可愛かった!以下の写真は向こうのショピングモールで撮った写真!ポル語で読むと「はい、出来た!開店しましたよ!」っていう意味になるけど、スペイン語は「間も無く開店」、つまり、未来のこと!それでは!¡QUE TE VAYA BIEN!(元気で行ってね!)と「バイバイ!」の後必ずと言ってもいいくらい言うチリ人!可愛いナンバーツー! 


Nenhum comentário:

Postar um comentário